失敗しない不動産選び

不動産は目に見えない部分が多いだけに、素人にはチェックしきれない点や、知らないと損をすることもたくさんあります。

例えば、マイホームを建てたいと思って土地を購入する際にまず注意したいのは、都市計画法で定められた用途地域による制限です。

板橋区の新築一戸建関連情報を解説します。

地域には、区域区分というものが定められています。

家を建てる際は、市街化区域にある土地を選ぶ必要があります。

逆に避けなければならないのが市街化調整区域です。




「調整」といっていますが、要は「抑制」している区域であり、つまり市街化調整区域とは市街化することを抑制する区域であり、家を建てることができない地域です。

田畑が微妙に近い距離に混在するエリアでは、特に注意が必要です。

また、不動産を購入する際は、何かと税金がかかりますが、租税特別措置法などにより、特例措置がいくつかあります。


名古屋の分譲賃貸マンション関する便利な情報が満載です。

知っているのと知らないのとでは大きな差が出るので、事前にネットなどで情報を仕入れておくことが大切です。不動産購入には色々気をつけたい法律上の制限や、知っておきたい税制優遇があります。
事前によく調べてから購入することが大切です。
転勤は突然言い渡されます。

盛岡の土地情報を利用しましょう。

内示を含めて2週間未満で引っ越しという事もよくある話です。

アパートの資料を何枚か渡されて、下見する物件を何件か決めます。

転勤までの期間でアパートの下見が出来るのは1日だけという事が多く、下見したアパートの中で、不動産屋さんに急かされて決めることも珍しくありません。

こんな時、不動産屋さん選びが重要になってきます。



アパートの資料には「間取り」「設備」「築年数」は載っています。

当然、「住所」も載っています。
しかし、近くの幹線道路の交通量や農家の有無等の周囲の環境は載っていない事が多く、下見の時に不動産屋さんに訊ねるしかありません。
夜中になると車の音がうるさかったり、風向きによって農家の飼料や家畜のにおいが気になったりすることもあります。
大手の不動産チェーンよりも、地元に根付いた不動産屋さんの方が周囲の環境についての詳しい事が多く、入居してからこんなはずではなかったと悔やむことは少ないと思います。

http://www.excite.co.jp/News/economy_clm/20120705/Suumo_23066.html
https://iemo.jp/67387
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13152194188